自動車ローン審査と頭金の目安

自動車の購入では金額が高額となってしまうため、ほとんどの人が車ローンを使うことになりますが、ローンの契約時に頭金をいくらにするかで迷うと思います。頭金を多くすれば支払総額が少なくなり、毎月の返済額を減らすことができますので生活への負担を減らすことが可能です。一方で頭金を全く入れない場合は全てをローンで賄う必要がありますので、高額な自動車ほど月々の返済額が高くなってしまいます。

車ローンでは、支払総額が年収の4割を超えると生活に対する負担が大きくなると言われています。頭金を入れるならば、年収の4割を基準に可能な限り生活への負担を減らす方向性を持つことが大切です。当然のことではありますが、人によっては4割が6割になってもカバーできる場合もありますが、経済力を考えて頭金の金額を考える必要があります。

高額な車ローンを組む場合、人によっては融資が受けられない場合があります。審査に通らないケースのほとんどは、融資額が上限を超えてしまっていることが多くなっています。車ローン 審査を通すために必要なことは借入額を少なくすることですから、ここでも頭金を出せるかどうかで決まる部分があるのです。頭金の額に関しては個人の経済力によって大きく異なる部分ですが、一般的には支払総額の30パーセントから50パーセントが多くなっています。

毎月の返済額を気にすることも大切ですが、審査に通らなければローンを使えませんので、頭金の額を多くして審査に対応することも可能です。頭金を入れると支払額が少なくなり生活への負担が少なくなりますが、貯蓄を減らすことによる不安も出できますので、バランスよく金額を考えることが必要になります。

審査の甘い消費者金融

消費者金融会社は審査の甘い消費者金融と言われています。審査の甘い消費者金融といわれるゆえんは、融資の申込みをすれば書類の審査のみで、しかも極めて短時間の審査時間で融資してもらえるからであり、消費者金融会社によっては融資の決定までに数秒というところもあります。

金融機関においては預金を預かっている立場上、融資に当たっては貸し倒れのないように厳格な審査をするわけですが、それとの対比において審査が甘いといわれているわけです。しかも、その審査の甘さは借入れを申し込んだものに対して特段の担保を要求していないということにも出ており、このことは金融機関による通常の貸付けにおいては考え難いことであるといえます。

しかし、審査の甘い消費者金融であるということは、消費者金融会社にとっても貸し倒れのリスクを承知して貸付けをしているというところがあるのは否定できませんから、その代わりとして、金融機関からお金を借りた場合と比較して、利息の金利は明らかに高額となっており、利息制限法の規制は守られているものの、年10パーセントを超えていることはよくあります。

利息を高くすることで貸し倒れによるリスクに対する補填をしているということができます。また、貸付額も審査が甘い以上、一定限度に限られているのは当然のことです。ただ、いくら審査が甘いからといっても、複数の消費者金融会社から借入れをしてしまうと利息を含めた返済が厳しくなりますので注意が必要です。